■商品や無料配信のはなし

pp169 ルームベスト リバティ(ローン素材)で作る

20091214tips

リバティとボアの組み合わせは、とても軽く仕上がります。

それでいて寒々しさはなく、優しい雰囲気があります。

表地はリバティのみなので、

ポケットは仕様どおりでは通常そのリバティにつけますが、

薄地のリバティは、ポケットを支えるには少々心もとないので、

できれば、リバーシブルを考えずに、裏地のボアまで通してステッチを入れるのが

おすすめです。特に今回のように、ボア×リバティの2枚仕立てのポケットは

更に重みを増すので、注意が必要です。

ポケットの作り方は、表地と裏地、それぞれ同じ大きさに裁断したものを、

ちょうど、コースターを作るように、返し口を残して中表にぐるりと縫い合わせ、

表に返してステッチで身頃につけながら返し口を閉じるという方法です。

ポケット口の縫い代は、1cmになるように、あらかじめパターンをカットします。

裏地がボアなので、同寸で縫っても、程よく裏からボアが顔を覗かせ、

アクセントになるという計算です。

リバティでルームウェアとは贅沢ですが、年配の方へのプレゼントなど

ワンラックアップの、贈り物にとても素敵だと思います。

|

2枚仕立てのクールワイドパンツ

問い合わせが多かったので、2枚仕立てにする手順をお伝えします。

表地がチクチクしたり、2枚にして保温性を高めたい場合、

肌が敏感なお子さまのため、肌に当たる部分は優しい素材が・・・という場合などに

アレンジとしてお使いいただける方法です。

本来は、コートやジャケットの裏地と同じように、パターンを展開し、

内パンツ専用のパターンを作るところですが、カジュアルなアイテムだということと、

できるだけ簡単に・・・ということを優先して、今回は同じパターンを使います。

ちなみにこの方法は、縫い代始末は必要がなく

視点を変えると、とても作りやすいのではないかと思います。

 1 型紙のパンツ裾は、縫い代1cmにします。

 2 生地を裁断します。外パンツ、内パンツそれぞれです。

   ベルトは1枚です。

 3 内パンツも外パンツも同じように、手順どおりに筒状に縫います。

 4 外パンツ(右)と内パンツ(右)の裾を、中表に合わせて一周縫い合わせます。

   左右同じ要領です。

 5 出来上がりの形に整え、股下の膝位置あたりを中心に、中とじをします。

   同じく、脇側も、真ん中あたりで中とじします。

   (中とじ・・・外パンツと内パンツが離れてねじれないように、縫い代同士

    粗い縫い目で縫い合わせてゆるく固定することです。)

 6 外パンツの股ぐり、内パンツの股ぐりを、それぞれ縫い合わせます。

 7 股ぐり(股のあたり)を、中とじします。

 8 外パンツ、内パンツのウエストを合わせて、ぐるっと仮留めします。

 9 ベルトつけをして完成です。

2009111tips

|

pp147 かんたんすっきりギャザーパンツにポケットを

2009615tips

つけました。

脇を平行に切り開いて脇布を足し、挟み込むタイプのポケットをつけた

とても簡単な仕様です。

平行に切り開くので、裾巾も広くなります。ベルトも長くなるので修正してください。

あまり厚みやボリュームのない素材だったので、今回はこれで良かったです。

もとのパターンは110cmの生地巾でちょうど裁断できるように作ったため、

脇布用として、ひと丈分、余分に生地が必要になります。

絵型はこんな感じです。

2009615tips04

パターンは以下のとおりアレンジしました。

脇布も、ウエストと裾は、元のパターンどおりの縫い代をつけてください。

ポケット位置は使いやすい高さでいいと思いますが、サンプルは、

出来上がりウエストラインから12cm下が、ポケット口になっています。

タック倒し方向が図では反対ですが、縫う時は元のパターンどおりに縫ってください。

時間があるとき、直します><

2009615tips03

■おまけ

捨てられないスカラップのハギレ。

ほそーく残ることがあると思うのですが、こういう場合はリボンにできます。

端にスカラップがある細い布を2本。もう一方の端同士を接ぎ、両端はロックをして、

裏に折り込みステッチ始末。(薄い布と2枚仕立てにしても美しいです)

かごバッグにつけたり、髪飾り、ラッピング、色んな所に使えそうです。

2009615tips02

|

布ナプキンサンプル

私が普段作る布ナプキンはロックミシンを使わず、

中縫い→ひっくり返す という

鍋敷きやコースターに見られる仕様が多いのですが、

今回、防水布を購入してみたところ、それが少し厚めだったので、

中縫いはごろごろするかな、とロック仕様にしてみました。

振り幅や送り目をあまり大きくしない方がきれいに仕上がります。

(そういう意味では↓写真のものはいまひとつです)

サニタリーショーツに使われている薄いナイロン系とは違う、

完全な不織布で、イメージとしては(あくまでイメージ)

おねしょパッドっぽい感じでした。

でも縫いにくいということもなく、

ネルや好きな生地と重ねて、ガーっとロック。

中にもネル、そしてサイズアウトしたゆうとの肌着なんかも

カットして重ねてあります。

防水布も、安定供給できるお店があるといいのですが・・・

(防水布はまだお問い合わせにはお答えできません。

ご紹介できる所が見つかればここでお知らせします。

よろしくお願いします。)

個人的にはネル素材だけでいけるんじゃないかなぁとも

思うのですけどね。

案外、枚数を重ねても、それほど厚みが増さないので。

スナップは、いただきもののプラスティックのスナップを。

肌に触れる距離に使うには金属のタイプよりいいかも・・・と思います。

手芸店などでも見かけます。

2009211b_3

|